イメージ画像
毛皮買取相場.com|全部見せます!失敗しない高額業者はココだ! TOP

毛皮買取を全部見せます!失敗しない高額業者はココだ!

毛皮買取で失敗しない業者をご紹介!

毛皮買取とは?業者はたくさんありますが、やはり失敗したくないですね。実際の私の体験をお話しすると・・震災の影響を我が家も受け、仮設住宅に引っ越しをすることとなりました。昔は毛皮が好きでよく着ていた時代もありましたが、最近は着なくなり、クローゼットに眠ったままになっていた毛皮がたくさんあったのです。そこで荷物の整理をしなくてはならない状態に。やはり引越し先には持っていけないものがたくさん出てきました。今まで使わないけど取っておいたものがたくさんあるなぁと自分でも再認識。これを機にいらないものや使っていないものは処分をしようと決意したのです。

毛皮もそのひとつで、収納する場所を取っていたわりには今ではもう着なくなっている状態なので、処分をするべきものだと判断。毛皮は中古でも価値があるというので、そのまま処分をするのではなく毛皮買取業者を探すことにしました。もちろんせっかく高いお金を払って購入したものなので、できるだけ高く売りたいという気持ちで、インターネット・新聞折り込みのチラシなどをチェックし、高価買取をしてくれる毛皮買取業者探しを行ったのです。

毛皮買取で毛皮を高く売るためにはどうするべきなのか、今現在毛皮はどれぐらいの価値があるものなのか素朴な疑問もたくさんあるので、そうした点についても、ご紹介していきたいと思います。

おすすめ業者


毛皮買取と一口にいっても、まず気になるのが、古いから値がつかないんじゃないか、デザインが古かったりずっとしまいっぱなしで毛並みにクセがついてしまった毛皮や虫喰いしてしまった毛皮、汚れがあるもの、はたまたブランド品じゃない毛皮は買取ってもらえないのではないか・・・という点だと思います。そう考えていてもきりがありませんよね。さすがにボロボロに破けているとか限度を超えていた毛皮は買取ってもらえない気もしますが、どのくらいの状態ならどのくらいの価格がつくのか等、毛皮買取の相場感がまったくわからないと思います。そのため毛皮の状態がひどくても、とりあえずは査定してもらうといいでしょう。毛皮買取において、素人が見てダメだなと思っても、毛皮買取のプロが判断すると修繕が簡単な場合もあるはずです。ですのでとりあえずは毛皮買取のプロに任せてみるのがおすすめです。

私も最初は毛皮買取に依頼するのではなく処分しようと思っていましたが、生き物で作ったものなので捨てるのは少し気が引けていました。しかし毛皮は買う時は高いけど売る時は安いと聞いていたこともありもう処分しようか、それでも一応は毛皮買取の業者に査定してもらおうか、正直迷っていました。しかも例えば同じフォックスでもフォックス一匹丸々の毛皮だったり、ミンクの毛皮のコートだったり、種類や形は様々です。そこにまた先述した状態が加味されるわけですから・・・。結局とりあえず毛皮買取の業者に査定してもらうことにしました。

毛皮を買取ってもらうことを決心しましたが、次の悩みは世の中には様々な毛皮買取の業者がたくさんあり、どの毛皮買取の業者がいいのかという点ですよね。しかしいくつかのポイントを押さえて判断すれば、自然と優良な毛皮買取の業者が見つかるものです。そのポイントとして対応は丁寧で安心できるか、毛皮の買取実績が多いか、ちまたの評判はいいのか等が挙げられると思います。さらに欲を言えば毛皮を高額買取してくれるのかという点でしょう。それを総合的に判断すればいいわけです。

最近はバブルの時代のようなゴージャスな毛皮を着ている方をあまり見かけなくなりました。しかしまだまだ現在のファッションに合わせつつ毛皮を着ている方も意外とたくさんいます。だからこそ昨今毛皮買取の市場は活発になっています。しまいっぱなしになってる毛皮や、もう古いからといってだいぶ着なくなった毛皮を買取ってくれる業者はたくさんあります。中には北は札幌から、東京、名古屋、福岡までの大都市を中心に、全国規模で展開している毛皮買取の業者もあるようです。最終的には満足のいく毛皮買取の優良業者を選択したいものですね。

意外と知られていない毛皮の種類

コヨーテ

別名プレーリーウルフとも呼ばれています。北アメリカ大陸に広く分布しており、草原に生息し、オオカミに近縁でオオカミと似ていますが小型であるのが特徴です。毛色は全体的に淡い黄褐色で白い毛が混ざり、刺し毛は柔らかいものから硬いものまで存在します。

タヌキ

日本や中国、さらにはロシア等に生息しています。背筋は黒く、褐色から灰褐色の長い絹のような刺し毛と密生した深い綿毛があり、刺し毛は、筆毛としても活用されています。素材名を表記する場合、日本国内では「タヌキ」の名称を必ず併記しなければならない決まりがあります。

ラクーン

日本ではアライグマと呼ばれています。北米に生息し、ラクーンはタヌキに似た動物ですが種類が異なる動物です。茶緑褐色から緑褐色のやや長めの刺し毛と尾にある黒と黄褐色のリング状の斑紋が特徴です。

ヌートリア

南米アルゼンチンに生息するビーバーに似た動物で水辺に巣をつくります。各国で飼育が始まった経緯は、養殖用に1954年に北米から輸入されたのが始まりです。柔らかい褐色の綿毛と薄茶色の堅くて太い刺し毛があります。抜毛あるいは刈毛して使われることが多いのが特長です。

ビーバー

北米の川や湖、池などの周囲にある湿原に生息し、ダムを作ることから、人以外で自分の生活のために環境を作る唯一の動物とも言われます。毛は柔らかく密生しており、茶色の毛の内側にびっしりと生えた白い毛が特長で、茶褐色のやや長い刺し毛は堅いために抜き毛や刈り毛をし、染色して活用されることが多いです。

リス

グレードのよいものほど毛が密であり、毛は短く非常に軽くて柔らかいため、コートの表地やライナーに活用されることが多いです。鮮明なブルーグレーの背部に白色の腹部を持つ小動物です。立派な尻尾を持ち、尾の毛はフェイスブラシなどの化粧用の筆に利用されます。