イメージ画像
毛皮買取相場.com|全部見せます!失敗しない高額業者はココだ! TOP実際の評判とは? >毛皮が痛まない良い保管の仕方とお手入れ

毛皮の正しい保管方法とお手入れ方法

正しい手入れ方法と保管方法で毛皮を元気に

毛皮のお手入れや保存にはとても気を使うという方も多いことでしょう。高級品でデリケートだからこそ、正しいお手入れ法や保存法を知ることで、毛皮をいい状態に保つことができます。毛皮買取で査定をしてもらうときにも、あまり状態がよくない場合は査定に響いてしまいます。

[写真]

毛皮をいつもいい状態に保つために、普段からマメにお手入れをする必要があります。例えば、たった一回しか着てないから、とそのままにしてはいけません。たった一回着ただけでも見えない埃がついているものなのです。埃をそのままにしておくと毛が抜けてしまう原因にもなってしまいますので、一度袖を通したら丁寧に埃を落としましょう。

アイロンなどの熱にはとても弱いので、火気厳禁という扱いで大切にしましょう。また、雪や雨などの水分を含んでしまうとカビなどの原因になってしまいます。濡れてしまったときは乾いたタオルでゆっくりとふいて、日陰干しをして水分を蒸発させましょう。

毛皮の保管についてですが、汚れを落としてから保管しましょう。汚れをそのままにしておくと害虫がついてしまいます。保管に適しているのは湿度がおよそ50%、温度が10%以下とされています。通気性が良くて冷暗所が適していると評判です。あまりぎゅうぎゅうに他のものと一緒に保管すると毛が押しつぶされてしまいますので、隣同士隙間をつくって収納しましょう。

日光だけでなく、蛍光灯も日焼けの原因になりますので冷暗所で光をシャットアウトするようにしましょう。