イメージ画像
毛皮買取相場.com|全部見せます!失敗しない高額業者はココだ! TOP毛皮の種類による違い >フォックス

フォックスとは?意外とメジャーな毛皮

フォックスを知る

フォックスは、「レッドフォックス」「ブルーフォックス」「シルバーフォックス」の3種の色に分けらます。天然の毛色や毛並みを活かした商品も多く、その中でも特にシルバーの価値が高いのです。

[写真]

南米を除いた全大陸に生息するレッドフォックスは、生息地域によって品質がだいぶ違う傾向があります。 ブルーフォックスはほとんどがスカンジナビア産であり、フォックスの中で最もシルクのような感触が魅力的です。 シルバーフォックスは、もとをたどればレッドフォックスの突然変異種のため、現在では全てにおいて養殖で管理されています。

ボリューム感に富み、様々な場面で使いやすい色を持っているフォックスは、個体差による色の違いを楽しむのもよいですが、毛を染めることにより多くのバリエーションを演出できるのが人気の理由の一つです。さらに猫科系やイタチ系とはまた違った質感を持っており、しっかりとした毛なみは弾力があり、芯のあるふくらみもあります。

しかし褐色になりやすい性質があるため、長時間紫外線にさらされると赤みを帯びてしまい、染色した毛皮だと一部が変色してしまう傾向があります。そうなると、良いフォックスを購入しても、いざ買取業者に査定してもらったら査定金額が通常よりも低くなってしまうでしょう。それを防ぐために、収納において入れ替えをこまめにして、整理する方良いでしょう。

とはいえ、毛皮の初心者や毛皮の愛好家まで、フォックスを1つも持っていない人がいないほどメジャーで、さらに安定した供給量があるために価格に幅があり、実際にフォックスは様々な毛皮製品で重用されています。